世界のニュース

ヘラシギの越冬地が保護区に

ミャンマーのナンタ島は、ヘラシギ(絶滅危惧ⅠA類)にとって非常に重要な越冬地です。BANCA(ミャンマーのパートナー)と地元の人々の努力の結果、この島は保護区に指定されました。 ミャンマーのナンタ島の…

オナガサイチョウを救う

オナガサイチョウは、その硬く赤い犀角に対する需要が再燃したことで、脅威にさらされています。犀角の取引は加熱しており、絶滅危惧IA類に指定されています。彼らを救うことはできるでしょうか? オナガサイチョ…

クロハラシマヤイロチョウ: 再発見も再び消えた?

かつては絶滅したと思われていたクロハラシマヤイロチョウは、実際にはこの数十年の間、何度か絶滅を免れてきました。ミャンマーにのみ生息し、その生息地が破壊と政情不安に脅かされている今、生き残りのチャンスは…

海鳥を救うために、彼らを追跡してみましょう

最新の研究で科学者たちは過去20年にわたる52種の海鳥の追跡データを、海鳥を守る最善策を知る手がかりとして利用しました。 ゆっくりと、滑るように飛び、ワタリアホウドリは巣を目指します。 彼女は餌を求め…

アオコンゴウインコの悲劇を防ぐ5つの方法

この10年間のバードライフ・パートナーの希少種保護と、これ以上の絶滅を防ぐために行っている活動事例をご紹介します。 9月上旬、この10年間で最初の鳥の絶滅を確認した時に、バードライフはこれを大きく取り…

チリのまき網漁プロジェクトが環境保全の賞にノミネートされました

チリで開発された改良型まき網は、海鳥の混獲を減らすための新しい効果的な対策方法です。昨年この混獲対策のプロジェクトはラテンアメリカ・グリーン賞から評価されました。 10月になると、シロハラアカアシミズ…

レッドリスト更新版で見逃したかもしれない6つのこと

ホオアカトキとモモイロバトの復活は大ニュースです。ではレッドリストの2018年版では他の鳥はどうなっているのでしょうか?ご存知の種も、ご存じでない種もその物語は自然の状況について多くのことを教えてくれ…

アホウドリ・タスクフォースが2017年度に成し遂げた7つの驚くべきこと

10年以上に亘り、アホウドリ・タスクフォースは漁業を海鳥にとって安全なものにするために努力してきました。地域の人々、政府や漁業関係者との活動により、同タスクフォースはバードライフの最も成功を収めたプロ…

絶滅危惧種の最後の生息場所:その半分は未保全のまま

Alliance for Zero Extinction(絶滅ゼロ同盟)が、たった1ヶ所でしか見られない極めて絶滅危惧度の高い1,483種の生息地地図を作りました。今回の発表は、これらのかけがえのない…

  1. TOP
  2. お知らせ&世界ニュース
  3. 世界のニュース