世界のニュース

ナイロビ会議 COP17 で野鳥保護の決議を採択

ナイロビ会議の第7回加盟国会議(COP17)が、海洋および海岸の生態系保全のためのツールとして、締結国の領土内にIBA(鳥を指標とする重要自然環境)を定め、生態系の健康度を示す指標として鳥に関する情報…

クリティカル・エコシステム・パートナーシップ基金がインド~ミャンマー地域での生物多様性保全に1千万米ドルを提供

バードライフ・インターナショナルが窓口となって行われたインド~ミャンマー地域の生物多様性ホットスポットに対するクリティカル・エコシステム・パートナーシップ基金(CEPF:日本政府、世界銀行、 地球環境…

今年のクリスマス・バード・カウントは史上最大の規模に!

ヒメレンジャク写真提供:Richard Stelzer 2012年12月14日から2013年1月5日の間に北アメリカ全土で6万人以上のボランティアたちが第113回目となった毎年恒例のクリスマス・バード…

気候変動会議:ドーハ気候ゲートウェーを定めて閉幕

カタールのドーハで行われた直近の気候変動会議が今週土曜日(12月8日)に閉会しました。2週間にわたる張り詰め、いらいらする交渉の後、各国政府は妥協案に合意をするに至りました。しかし、これは世界の平均気…

気候変動適応:ドーハからのニュース

カタールのドーハで行われているCOP-18での話し合いは、世界中で共通の、気候変動への適応の必要性を具体化することに近付きつつあります。写真提供:Neil Palmer (CIAT); flickr …

気候変動に関する話し合いドーハで再開

バードライフは各国政府に対して2015年までに公正で野心的かつ法律的拘束力のある気候変動合意を達成するよう要望した。写真提供:Arend Kuester/flickr この先2週間、バードライフ・イン…

エチオピアのエネルギー計画と渡り性帆翔鳥保護に対する共通基盤への道

エチオピアのエネルギー部門と市民社会の団体が先ごろ再生可能エネルギーを進める一方で、風力、太陽光発電と送電線開発の計画および操業プロセスの間に、それらによる渡り性帆翔鳥(MSB)への危険に対する考慮を…

10年に及ぶキャンペーンの後、EUが漁業での海鳥殺戮を止める計画を発表

12年にも及ぶバードライフ・ヨーロッパのキャンペーンの後、11月16日(金)、EU(欧州連合)は海鳥の混獲(漁具に掛かったことによる海鳥の偶発的な死)を減らすためのEU活動計画をやっとのことで始めまし…

アジアの絶滅危惧ⅠA類ハゲワシに初めての回復の兆し

インドとネパールのハゲワシ個体数の減少率は低下したが、個体数は低いままで不安定。 アジアに生息する3種のハゲワシ(ベンガルハゲワシ、インドシロエリハゲワシ、ハシボソハゲワシ)の個体数は獣医薬ジクロフェ…

  1. TOP
  2. お知らせ&世界ニュース
  3. 世界のニュース