世界のニュース

都市のスズメ: 香港の群れ

都市部に住んでいる人にとってスズメは唯一目にする野生生物との交流を示す鳥であることがよくあります。スズメが換気口、パイプ、壁の割れ目を好むことが調査により明らかになっています。 「光の都」香港の中心部…

世界で最も危惧される鳥類生息地を地図化

バードライフの作成した新しいストーリー・マップにより、アフリカの失われていく鳥類生息地の例やオーストラリアでの保全成功例を紹介しています。 1970年代以降、バードライフとそのパートナーは世界の絶滅危…

アルゼンチンに新たに2つの国立公園が設立

 南米最大の塩水湖マール・チキータとその近くのエスタンシア・ピナスは、近く国立公園に指定される予定です。 太陽の光を遮るほどに空を覆う50万羽ものヒレアシシギの大群。10万羽以上のチリーフラミンゴによ…

今こそペンギンを守ろう

美しく、元気付けてくれ、また、絶滅が危惧されるペンギンは世界で一番チャーミングで、一目で姿かたちが分かる鳥です。けれども南極から赤道まで、様々な脅威の網が彼らをこれまでにないほど絶滅の危機に向かわせて…

世界で唯一の山岳性(しかも肉食の)オウムの探索

野生のケアを捕まえるにはずる賢くなければなりません。Kimberley Collinsがニュージーランドのネルソン湖国立公園で、世界で唯一の山岳性のオウムを探索した物語をご紹介します。 頭上にそびえる…

ダイシャクシギが危機に

ダイシャクシギやオオソリハシシギなど大型のシギ・チドリ類(Numeniini族 訳注:属よりも上位の分類区分)は、最も絶滅の恐れが高い鳥類かも知れません。事実、既にその中の2種が絶滅したか可能性があり…

鳥は何故鳴くのか?

鳥の鳴き声は、単純に一つの「音声」とは表現できません。様々な音が組み合わされた合唱であり、それ自体が言語なのです。スズメ、キツツキ、ヒバリのそれぞれの鳴き声に目的があって、極めて特別な状況で使われるの…

キガシラヒヨドリ © Lee Tiah Khee

アジアの片隅で踏ん張る絶滅危惧種の鳴禽

鳴禽類売買のための罠猟が、ほとんどの生息地で絶滅してしまったキガシラヒヨドリへの最後の一撃を与える寸前まで来ています。ところが、最近の調査によってこの鳥がシンガポールの小島でこの流れに逆らっていること…

英国のメンフクロウが現代生活に苦闘中

直近の調査で、20世紀にメンフクロウの個体数の70%を減少させた要因が現在もなおこの愛すべき種に影響を及ぼしていることが分かりました。 世界で最も広範囲に生息している猛禽類の1種メンフクロウは人間社会…

  1. TOP
  2. お知らせ&世界ニュース
  3. 世界のニュース