世界のニュース

島が最大の絶滅の場になっている理由が明らかに

最近の調査で、絶滅の危険性の高い脊椎動物のほぼ半数が島嶼に生息していることが分かりました。そして、その3分の2が外来種が確認されている島でした。この発見により、保護活動が最も必要な場所を簡単に絞りこむ…

2029年までにアフリカとユーラシアのハゲワシを救うための一大計画

現在、15種のハゲワシを確実に回復させるための120ヶ国以上による国際協力が必要とされています。 アフリカからユーラシアに生息するハゲワシ類は、地球で最も絶滅が危惧されている陸生の渡り鳥です。多くのハ…

鳥にやさしい再生可能エネルギー: エネルギー・タスクフォースのご紹介

新しい技術と国際的タスクフォースにより、再生可能エネルギーがかつてないほど鳥にやさしいものになるかもしれません。 渡り鳥は人間活動から様々な影響を受けています。その中には環境にやさしくなろうとする取り…

ブラジルの国立公園の未来を脅かすスキャンダル

多数のブラジルの保護区を経済成長を理由に官報から外すという衝撃的なスキャンダルが公然と計画されています。 ブラジル南部のラゴア・ド・ペイシェ国立公園は、海、川、湖によって作られました。36,000ヘク…

クロスリバーゴリラは依然として深刻な危機に

クロスリバーゴリラの重大な脅威となっている高速道路建設プロジェクトが、政府による路線変更の努力にもかかわらず、依然としてこの象徴的で絶滅の危惧が極めて高いこの種が完全に姿を消す恐れがあるとナイジェリア…

ワシの軍旗を掲げよ

5ヶ国、11のパートナー(そのうち4つはバードライフ・パートナー、4つは政府機関、1つは電力会社)、350万ユーロの予算と1種の猛禽からなるPannonEagle LIFEプロジェクトは、古代のパンノ…

ズアオホオジロがフランスのレストランのメニューから消える見込み

フランスのエコロジー・持続可能開発・エネルギー省のNicolas Hulotは、ズアオホオジロの大規模な罠猟を止めると発表しました。残忍な料理のために、ズアオホオジロは光を遮られ、太らされ、ブランディ…

モモイロバトとモーリシャスホンセイインコをモーリシャスの自然に戻す取り組み

種が絶滅してしまった生息地に鳥を戻す取り組みは、モーリシャスの絶滅危惧種の生存を維持するために非常に重要で、時には頼みの綱です。モーリシャス野生生物基金(MWF: モーリシャスのパートナー)は長い間常…

ハゲワシを救う保護活動家コミュニティの設立

人と野生生物の問題に端を発する野生生物の毒殺は、東アフリカのハゲワシ類にとって大きな脅威となっています。ケニアのマサイ・マラではハゲワシの個体数は60%も減り(Viraniら 2011)、違法な毒殺が…

  1. TOP
  2. お知らせ&世界ニュース
  3. 世界のニュース