Slider

お知らせ

バードライフファームの農繁期レポート(7月号)が届きました!

米風土(マイフード)鳥取の皆様から7月の農繁期レポートが届きました! 例年より暑い日が続いていますが、良い天気が続けば今年も良質のお米を期待できるそうです。 7月末のきれいな緑色をした穂の様子など、7…

EAAFP事務局よりニュースレターNo.44が発行されました

EAAFPニュースレターNo.44の目次和訳を掲載いたします。 中国のNanpu湿地自然保護区の設立に関連するニュースが入ってきました。 複数の組織が普及啓発や調査管理、財政面など多面的な協力体制を築…

高円宮妃殿下がアイルランドのランベイ島・ロッカビル島を視察されました

バードライフ・インターナショナルの名誉総裁の高円宮妃殿下が、7月上旬にアイルランドを訪問され、ランベイ島とロッカビル島の鳥類とその生息地の状況を視察されました。ランベイ島には同国最大の海鳥繁殖地があり…

フライウェイ・サイト訪問記 ~瓢湖水きん公園~

2017年7月6日、新潟県阿賀野市の瓢湖を訪問しました。瓢湖は、ハクチョウ保護の発祥の地として有名な場所です。小さな農業用ため池冬ですが、冬季には約6000羽のコハクチョウや、2万羽のカモ類が越冬し、…

世界のニュース

世界の驚きの巣8選

鳥の巣といえば、多くの人は木の枝や葉で作られたお椀状の形を想像するでしょう。けれども鳥の営巣行動はその求愛行動と同じくらい多様なのです。 鳥は雛を危険から守るために信じられないほど様々な巣を作ります。…

フラミンゴに命を与える極めて有害な湖

コフラミンゴ(Phoeniconaias mino)にとって世界で最も重要な繁殖地である北部タンザニアのナトロン湖におけるソーダ灰の採取は今も続く脅威です。しかし新たな地域コミュニティを基盤とするイニ…

青い小さな隣人(コガタペンギンの話)

コガタペンギンは玄関前の階段やその下に営巣しています。地元のボランティアにより新しい家を与えられ止むなく都市鳥になった、世界最小のペンギンについて知ってください。 海から数メートルにあるウェリントン市…

黄色の目は警告の色

絶滅危ⅠB類の鳥の目を真っ直ぐに見てください。「フォレスト&バード」の陸上での活動はキンメペンギンの保全に役立っていますが、海における脅威は大きく懸念されています。 鋭いまなざしとスベスベのヘッドバン…