違いを生み出すバードライフの影響力

ヨーロッパハチクイ
写真提供: © Javier Milla

自然環境の破壊による持続不可能な開発と種の絶滅の進行によって、生物多様性が世界中で減少しています。生物多様性の減少は地球が人類を存続させる能力が弱まること、社会の最貧層の人々がどうにもならない状況に追いつめられることを意味します。バードライフ・インターナショナルはこの危機に取り組む上でユニークかつ重要な役割を担っています。

バードライフは世界最大の自然保護のパートナーシップで、世界118カ国120の自然保護団体により構成されています。草の根的な市民団体の民主的なパートナーシップという独特な組織構造と、自然保護プログラムに対する確固たる科学的基盤によって、自然と人の双方に利益をもたらす強い影響力と長期間の保護を実現させています。下記の「Making a difference」というレポートでは、バードライフが違いを生み出す様々な取り組み手法について、統計情報や最近の成功事例と共にを詳しく紹介しています。

レポートをダウンロード

112

私たちはこの本の中で最近の主な実績と、ぜひとも今後10年以内に達成させるべく取り組んでいる保護目標について説明しています。その中には、公海から熱帯雨林まで含めた環境保護、外来種問題や気候変動などの脅威に対する取り組み、種の回復から最も危機のあるサイトの保全などが含まれます。これらの成果を定量的に示したデータは、バードライフ・パートナーによる調査をまとめたものです。

このレポートは、生物多様性の利益をもたらす長期的に持続可能な解決策を実現させる上で、バードライフがいかに独特の立場にいるかということを示しています。資金提供者、政府、経済界および市民の支援があるからこそ、私たちはさらに活動規模を拡大し、自然と人の両方に長期的な利益をもたらすことが出来るのです。

 

報告者: BirdLife International

原文はこちら

  1. TOP
  2. お知らせ&世界ニュース
  3. 世界のニュース
  4. 違いを生み出すバードライフの影響力