どのようにアホウドリを混獲から守るか

私たちの活動の結果、公海上で操業するマグロ漁漁船は写真のような形で死ぬアホウドリをなくすための対策が求められています。

公海上での漁業活動による海鳥の混獲を減らすためのバードライフの‘海洋保全プログラム’活動はアホウドリを絶滅から守るための私たちの活動に対する賛同者にとって馴染みのあるものになるでしょう。

私たちは5つのマグロ延縄漁業の‘地域漁業管理団体(RFMO: 公海上での漁業を管理する団体)全てに海鳥の保護対策を促すことに成功しました。すなわち、船上において混獲を緩和する対策を施すことを船団に求めたのです。私たちの次の課題はこれらの対策が確実に漁船団により実施され、その効果が海鳥の混獲の削減につながっているかどうかの追跡調査を助けることです。

バードライフの活動は鳥にとっても漁民にとっても良い結果を生みます。

バードライフの活動は鳥にとっても漁民にとっても良い結果を生みます。

この目標に対し、また、国際水産物持続財団(ISSF)からの資金支援のお蔭で、私たちは延縄漁船団の船長と乗組員のために教育ビデオを作成し、海鳥の混獲問題を明らかにし、海鳥の個体群に与える漁業の影響を最小にすることが可能な簡単で効果的な方法を示しました。このビデオは主に漁業従事者を対象にしていますが、そこにはアホウドリの素晴らしい映像が詰め込まれ、延縄漁による混獲問題をいかに解決するかをきちんと示しています。ですから、この映像は皆様とも共有できるものと考えています。

ビデオの導入部にはアホウドリが直面している脅威が明確に示されており、この素晴らしい種が何故これほど劇的に減ってしまったのかが示されています(多数のアホウドリの美しい映像もあります)。このビデオはバードライフの重要な活動の緊急性も示すものです。ビデオはこちらからご覧になれます。

 

報告者: Rory Crawford

本文はこちら

  1. TOP
  2. お知らせ&世界ニュース
  3. 世界のニュース
  4. どのようにアホウドリを混獲から守るか