欧州議会が狩猟で生きた鳥をおとりに使うことを止めるように求めたことでイタリアがホットスポットになった

写真提供:F.Cagliata

イタリアの狩猟方法は野鳥を捕え生きたデコイとして使うために欧州委員会から集中的に非難されています。生きたデコイは罠の方法が選択できないこと、コントロールが不能であること、鳥の捕獲数に関する情報がないことなど幾つかの理由によりEU法で禁じられています。この野鳥・生息地指令への違反により、LIPU(イタリアのパートナー)はイタリア政府に対して緊急にこの状況を改善するよう求めています。

イタリアはこれまでの無対策を狩猟には他に代る方法がないので生きたデコイは同指令の適用除外だとしてその立場を守ってきました。欧州委員会はこの主張に対して生きたデコイを使わなくても狩猟はできるし、野鳥を捕えるのでなく飼育下繁殖した鳥を使うことも出来るとして異議を唱えています。

欧州委員会はこの狩猟方法には未来はなく、従って、イタリアは生きた鳥をデコイに使うことを完全に禁止することで欧州裁判所の判決の悪影響を最小化する機会があることを明らかにしました。LIPUはキャンペーンを展開し、政府が判決による困難を避け、イタリアをEU法および広く認識されている良い狩猟方法に一致させることを期待して、政策決定者に対して提出する署名を集めています。

(報告者:レベッカ・ランガー)

詳しくはこちら

  1. TOP
  2. お知らせ&世界ニュース
  3. 世界のニュース
  4. 欧州議会が狩猟で生きた鳥をおとりに使うことを止めるように求めたことでイタリアがホットスポットになった