世界のニュース

野生生物と気候への壊滅的打撃

2018年1月18日に行われた欧州における再生可能エネルギーの将来に関する欧州議会議員(MEP)による投票は、MEPが農業と林業からの圧力に屈し、環境に有害なバイオマスの使用を阻止する機会を失ったため…

シギ・チドリ類保全にとっての大ニュース!

中国政府が、海岸沿いのあらゆる「事業関連」の干拓を止めることを発表しました。これはヘラシギ(絶滅危惧ⅠA類)を含む東岸の干潟に依存して東アジアーオーストラリア・フライウェイを飛ぶ数千万羽の渡り性シギ・…

ネパール東部の女性たちがお手本に

日中のきつい仕事と夕方の家々を訪れるキャンペーンにより、Dumrithumka Adarsh Mahilaコミュニティ森林利用者グループの委員会を構成する11人の女性(2017年度バードライフ「自然の…

人工衛星追跡アプリがコミュニティによる森林保全を強化

今年バードライフは、地元住民の家とも言える森林を彼ら自身が行うモニタリングを支援するために、人工衛星追跡技術と携帯電話アプリを利用する革新的な新しいプログラムを開始しました。バードライフが主導し、EU…

6つの珍しい生息地が探鳥のホットスポットに

2018年はナショナルジオグラフィック誌、オーデュボン協会、コーネル大学鳥類学研究所との共同による一年を通じたお祝い「鳥の年」です。今月は、どこにいても、外に出て好きな鳥と時間を過ごすことにより「あな…

アフリカ山地のホットスポットに対する5年間の成功が第2段階へ

5年前、バードライフは今は豊かだが極めて危険が迫っている東アフリカ山地のホットスポットを管理するための資金を授与されました。最初の5年間が終わろうとする今、私たちは成功したこと、学んだことを顧みてこの…

カンボジアのトキ米:鳥に優しい米で生計改善

2017年12月27日、バードライフ・カンボジア事務所はシエンパンのKhet Svay村で初めての「トキ米」の収穫を祝う「農民の日」を主催しました。受賞もしているこのプロジェクトは、カンボジアの国鳥オ…

インドのハゲワシの個体数は推定より少ない可能性

インドの絶滅危惧ⅠA類のハゲワシの個体数は安定しているように思われますが、新たな調査によると、これまで考えられていたよりも個体数は可能性があることが明らかになりました。ハゲワシを死に追いやる家畜用の獣…

クローン対ドローン:9種の外来種から象徴的な鳥を救うタヒチの戦い

1998年に復活計画が始まった時、タヒチヒタキは僅か12羽しか確認できていませんでした。島嶼の鳥にとって、外来種が大きな問題であることはよく知られていますが、タヒチでタヒチヒタキを苦しめているのは1種…

  1. TOP
  2. お知らせ&世界ニュース
  3. 世界のニュース