イラク式巣箱

自分たちで作った巣箱を持つKani Shok小学校の女生徒
写真提供:Nature Ira

これらの写真をご覧ください。写真が写された場所が楽しいニュースが滅多にないイラクだとは思わないでしょう。

彼らはクルジスタンのPeremagroon山脈周辺の5つの学校のイラク人子供たちで、今春、英国政府のダーウィン・イニシアティブが資金提供をしている自然保護教育の一環として40個以上の巣箱を作り、掛けたのです。

一年前、ネーチャー・イラク(イラクのパートナー)はバードライフと共に多面的な自然保護プログラムを始めました。これは中東では初めてです。保護活動に関するオンライン講座がスレイマニ大学に開設され、40人以上の学生や社会人が受講しました。合わせて、子供、学生、Peremagroon周辺を訪れたイラク人ビジターが見ると予想される鳥や動植物の識別に役立つアプリケーションを開発するための計画も具体化しました。Peremagroonはクルジスタン地方で生物多様性上最も重要な地域のひとつです。

巣箱を持つKani Shok小学校の生徒 写真提供:Nature Iraq

巣箱を持つKani Shok小学校の生徒
写真提供:Nature Iraq

最もエキサイティングな試みは巣箱プロジェクトでした。クルジスタン地方では樹洞に営巣する鳥の巣穴が、過去の森林破壊と多くの樹木が成熟できない環境が原因でほとんどありません。驚くことにシジュウカラが地面の穴に営巣するほどなのです!

上手く行けばこのネーチャー・イラクのプロジェクトは、シジュウカラや独特の生息地を持ち世界的に分布が限られているバルカンコガラなどの鳥に営巣場所を提供するでしょう。

イラク・クルドスタンのこのエリアはイワゴジュウカラやヒガシイワゴジュウカラの密度が中東では最大の場所の一つで、もし彼らも巣箱に引き付けられれば素晴らしいことです。

巣箱を掛けるZewe小学校の生徒 写真提供:Nature Iraq

巣箱を掛けるZewe小学校の生徒
写真提供:Nature Iraq

ネーチャー・イラクにとっての次のステップは、巣箱にビデオカメラを装着して、子供たちが可愛い鳥たちの日常生活を見て楽しむことが出来るようにすることでしょう。

詳しくはこちら

  1. TOP
  2. 世界のニュース
  3. イラク式巣箱