世界最古の国際的自然保護団体が90年を祝う

アイディアは人々がそれに基づいて行動を起こした場合にのみ世界を動かします。これは1922年6月20日の正午に様々な国の特別なグループの人たちが英国の財務大臣の私邸に集まった時に、正に起きたことなのです。彼らの鳥に対する情熱を結束させで、彼らは欧州大陸全土に亘って起きている野鳥の羽の取引の増大や渡り鳥への脅威に対する唯一の効果的な回答は国際的な協力による活動を通したものでなければならないとの結論を出しました。

これが数十年の後Kay Curry-Lindahl教授が命名した国際鳥類保護会議(ICBP: 後にバードライフ・インターナショナルに進化)の、世界で初めての国際自然保護団体の誕生の瞬間でした。

続く数十年のうちに世界は人口が増え、工業化し、自然の問題はより大きく複雑になり、共同で対応する必要性はさらに大きくなりました。これこそが、リオ+20地球サミットに出席している世界のリーダーたちが従うべきビジョンです。

1993年にバードライフ・インターナショナルの創設につながった必要性は、今日116ヶ国に国内組織を持つ世界最大の自然保護のための草の根パートナーシップとなりました。共通のビジョンにより結びついたバードライフは今日地域活動と地球規模の影響に対する世界的パートナーシップです。

「バードライフ・インターナショナルの90周年はこれまで私たちが共に達成してきたことと、私たちが望む将来に心を注ぐことを真剣に考える機会です。」とバードライフの事務局長のマルコ・ランバーティニ博士は言いました。

「90年の間にはいろいろなことが変わりましたが、基本は変わっていません。国際協調の原則は一層強まり、世界中で地域の自然保護キャパシティを強化する重大な必要性も同様です。今日すべてが論理的に見えますが、当時はまだ本当に先見性のあることでした。」とランバーティニ博士は言いました。

世界中のバードライフ・パートナーは今後の数ヶ月に発行する雑誌やその他の資料の中で一連の特集記事を掲載して記念日を祝いますが、2013年6月にカナダのオンタリオでの開催が予定されているバードライフ・パートナー世界会議もその機会になります。

活動的な自然保護活動家はかつて数十人の規模でしたが、今やバードライフ・パートナーシップのみで1千万人のサポーターが居り、世界中では数百万人を数えます。私たち全員が、1922年6月20日12時にICBPを創立するために集まった一握りの人たちに恩義があるのです。

詳しくはこちら

  1. TOP
  2. 世界のニュース
  3. 世界最古の国際的自然保護団体が90年を祝う