カナダのバードライフ・パートナーがIBA紹介の新しいビデオを発表

リバートン・サンディバーIBAのモニタリングを行っている‘IBA管理人’
写真提供:Donna Martin

6月の第一週は‘カナダ環境週間’で、これは‘世界環境の日’および‘世界海の日’と時を合わせています。

これらの記念日に丁度間に合うように、バードライフのカナダにおける共同パートナーのバード・スタディズ・カナダとネーチャー・カナダが共同でカナダのIBA(重要生息環境)プログラムを紹介する新しいビデオを制作しました。

 カナダの大切にされて来た鳥とその生息地の幾つかを紹介する90秒の短編ビデオはバードライフ・インターナショナル本部のウェブサイトやIBA Canada YouTube チャンネルでも英語とフランス語でご覧いただけます。ビデオはまたカナダのIBAを守るために活動している献身的なボランティアの様子も特集しています。彼ら‘IBA管理人’は鳥と生態系をモニターし、管理活動を行い、彼らのコミュニティ内での奉仕活動を主導します。‘IBA管理人’は地元に関する重要な知識を持っており、新たに生じる自然保護問題について地方や国のパートナーに注意を喚起する上で非常に大切な役割があります。

IBAプログラムはバードライフの世界的なイニシアティブで、鳥と生物多様性にとって世界の最も重要な場所を特定し、モニターし、保全することを目的としています。カナダにはおよそ600ヶ所のIBAがありますが、バード・スタディズ・カナダとネーチャー・カナダはカナダ全域に広がる地域パートナーや全国数百人のボランティアの協力を得て、共同でカナダにおけるIBAプログラムを管理しています。

IBAサイトは科学的な基準により指定されます。それぞれのサイトに関する正確で最新の情報にアクセスできることが不可欠で、それぞれのサイトに関する概要が最新のIBAデータベースに蓄えられており、IBA Canadaのウェブサイトからアクセスできます。

「野鳥とその生息地の理解、評価、保護を前進させることがバード・スタディズ・カナダの使命です。またそれはIBAプログラムの目的とも完全にマッチします。」とバード・スタディズ・カナダの会長ジョージ・フィニーは言いました。「このプログラムは管理者に決定事項と保護活動を伝える不可欠な情報を提供し、また政府、民間部門、資金提供者が保護活動資金を最優先の場所に向けることを助けます。」

カナダではIBAは公式な法的保護を受けていません。カナダのIBAのほぼ70%が公式に指定された保護地域と重なっておらず、そのために開発やその他のかく乱要因に対して脆弱なままになっています。「ネーチャー・カナダは政府のあらゆるレベルがこれらの最重要サイトを認識するように強く求めて行きます。」とネーチャー・カナダの暫定事務局長のスティーブン・ヘーゼルは言いました。「このビデオはIBAプログラムの強化と、より多くのボランティアや新しい資金提供者による支援を増やす助けをしてくれるでしょう。」

この活動に加わるのには多くの方法があります。カナダのIBAプログラムを支援するために、カナダIBAボランティアのネットワークに加わり、IBAで行われる市民科学モニタリング・プログラムに参加し、IBA CanadaのFacebookにつなげてください。

報告者:バード・スタディズ・カナダ

原文はこちら

 

  1. TOP
  2. 世界のニュース
  3. カナダのバードライフ・パートナーがIBA紹介の新しいビデオを発表