フライウェイ・チャンピオン賞の発表

フライウェイ・チャンピオン賞がパレスチナ・サンバーダーズと
コーネルeBirdersの両チームの間で均等に分かたれました。

刺激的だった24時間に亘るバードレースの後、エイラット・ヒルトン・ホテルでの素晴らしい授賞セレモニーの席でフライウェイ・チャンピオンの結果が発表されました。各チームは累計で249種という快挙を成し遂げましたが、これはイスラエルで確認されている鳥の半分以上で、また去年のエイラット・バード・フェスティバルの記録を12種超えるものです。

169種という信じがたい記録でフィールドをリードしたのはパレスチナ・サンバーダーズで、パレスチナとイスラエルのバーダーによる混成チームでした。同チームは地元での知識と経験が豊富にあるところから、彼らは寛大にも皆が望むフライウェイ・チャンピオンのタイトルを最高点を上げた国際チームと共有することにしました。国際チームではコーネル鳥類学研究所eBirderチームが165種という素晴らしい結果を出し、それに続いてディジタル・ストリンガーズが159種を記録して第2位、熟達者のチームのバーディング・フロンティアズが155種を観察して第3位でした。

各チームのメンバーはトロフィーに加えて、スワロフスキー・オプティック社が提供した同社の新型ポケット双眼鏡を受けました。

フライウェイ・チャンピオン・プロジェクトは単なるバードウオッチング競争ではなく、鳥の渡りの奇跡を祝い、この驚くべき光景を次の世代のために守る資金を集めることにあります。参加各チームは巨額の寄付を行って下さり、私たちは全チームに感謝する次第です。すでに6万米ドルが集まっており、寄付はまだ次々に届いています。

最高額の資金を集めたチーム、フライウェイ・レーサーズは12,000米ドルを超える寄付を行い‘フライウェイの守護者’賞を受けました。

三番目のトロフィーは他の人たちが最も多くの鳥を見、イベントを楽しみ、その目的を推進することに尽くしたチームに授与されました。この‘フライウェイの騎士’賞は人気のあるフォーカシング・オン・ワイルドライフ・スプリンターズに贈られました。同賞の精神から彼らはスワロフスキー双眼鏡を1台受け取りましたが、それは彼らが選んだバードライフ・パートナーに贈られます。特記すべきこととして同チームはプロモーション活動により最も多数の個人から(96人)寄付を集めました。

‘フライウェイ・チャンピオン’プロジェクトはSPNI(イスラエルのパートナー)が考案したもので、南部および東部ヨーロッパにおける鳥の密猟にバードライフ・パートナーが取り組むための保護活動資金を集めています。

(報告者:ジム・ローレンス)

詳しくはこちら

  1. TOP
  2. 世界のニュース
  3. フライウェイ・チャンピオン賞の発表