プエルトリコでコーヒー栽培と自然保護を組み合わせたプロジェクトが始まった

マリカオ・ススアIBA(鳥を指標とする重要生息環境)の森はプエルトリコヨタカの重要な生息地です。
写真提供:Michael Morel; worldsrarestbirds.com

プエルトリコのマリカオに本部を置くNGO、Cafiesenciaがマリカオ・ススアIBAの森林内及びその周辺のコーヒー栽培業者や住民を対象にしたプロジェクトを始めました。CAFEiCANTOプロジェクトはこれらの人々に持続可能な農業、日陰で行うコーヒー栽培、水の保全および鳥のモニタリングとその報告などのトレーニングを提供するものです。

この森林は世界的な絶滅危惧種プエルトリコヨタカ、プエルトリコアメリカムシクイと、プエルトリココビトドリなどを含む18種の固有種の生息地です。また森林は多くの新熱帯区の渡り鳥にも重要な場所です。このIBAは植物、コウモリ、爬虫類、両生類にとっても重要であることから同時にKBA(生物多様性保全の鍵になる地域)としても知られています。

Cafiesenciaは‘エコな日陰栽培のコーヒー’生産を通して経済的持続可能性と生物多様性保全を進めるためにプエルトリコ鳥類学会(SOPI: プエルトリコのパートナー)との契約を結んでマリカオ・ススアIBAの管理者になりました。

SOPIは日陰栽培コーヒーの生産と販売を支援しますが、これは野鳥保護の重要な手段になるからで(日陰を提供する樹幹木の維持により)、同時にプレミアム価格を確保し、農家の生計を改善するのです。

CAFEiCANTOプロジェクトのロゴは‘コーヒーと調和する’プエルトリコアメリカムシクイを描いたものです。Cafiesenciaはこのプロジェクトを米国農務省森林局との共同契約の元に実施しています。

「このIBAの管理者になることで、私たちは野鳥への関心を育てるために近隣の農業コミュニティの人々を教育し、どうすれば農場に環境やツーリズムの付加価値を付けられるかを教える必要性があることが分かりました。」とCafiesenciaの会長Lisette Fas Quiñonesは言っています。CAFEiCANTOプロジェクトは農場に対して農業・エコツーリズムの潜在力が評価される機会を与えます。

 プエルトリコ観光会社、自然・環境資源局、プエルトリコ大学農業科学カレッジおよび米国魚類野生生物局などがこのプロジェクトへの協力者になっています。

報告者:ヴェロニカ・アナドン

原文はこちら

  1. TOP
  2. 世界のニュース
  3. プエルトリコでコーヒー栽培と自然保護を組み合わせたプロジェクトが始まった