EAAFP事務局よりニュースレターNo.37が発行されました

EAAFPニュースレターNo.37 の目次和訳を掲載いたします。

オーストラリアNijinda Durlga (Tarrant) で125番目のラムサールサイトが登録され、南極においては世界最大の海洋保護区域が認められました。

また、ポールソン協会の普及啓発ビデオや世界最小の衛星発信機の情報をご覧いただけます。

以下は、目次の日本語訳です(本文は英語になります)。

 

■パートナーシップニュース


フライウェイネットワークサイトに関するニュース

フライウェイ・ワークショップに関するニュース

その他のフライウェイ・ワークショップに関する報告書は こちら

黄海・渤海に関するニュース

 

シギ・チドリ類に関するニュース

ヘラシギに関するニュース

 Saving the Spoon-billed Sandpiper からの記事

アカハジロに関するニュース

パートナーに関するニュース

事務局からのお知らせ

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

■イベントの予定

その他のイベントはこちら

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

■その他関連ニュース

保護活動

  • ハンター河口ラムサール登録湿地 [EAAF010] がマンボ干潟のラムサール条約登録を後押し (オーストラリア)
  • 南極のロス海が世界最大の海洋保護区として認められた

鳥たちへの脅威

CEPA活動

ポールソン協会 は干潟保全の長期キャンペーンを1ヶ月間行った:

渡りに関するニュース

資料類

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

■他言語のニュース

日本語

中国語

これまでのニュースレターは こちら

    

 

  1. TOP
  2. お知らせ&世界ニュース
  3. お知らせ
  4. EAAFP事務局よりニュースレターNo.37が発行されました