温室効果ガスが発生しないバイオ燃料を作る

調査研究機関CE Delftにより集められたオランダのバイオ燃料市場に関する最近の報告によれば、オランダで販売されているバイオ燃料の環境に対する影響はCO2排出を低レベルに抑えたバイオ燃料への転換により大幅に改善されたことが明らかにされました。

この研究は間接的土地利用変化(ILUC)により作られるバイオ燃料を止めることにより、どれほど欧州がプラスを得ることが出来るかを説明しています。バイオ燃料生産のために農耕地を拡大することにより、土地利用の変化に伴う意図しない炭素排出が増加する結果を招くのです。

エッソ社のような高いILUC要素(主に菜種油から作るバイオディーゼル)のバイオ燃料を使っている企業は平均すると化石燃料を使う場合よりも多くのCO2を排出しています。その反対に、低いILUC要素の原料を使ってバイオ燃料を生産することを選んだ企業は平均して75%も少ない温室効果ガス(GHG)の排出を達成しました。

さらに、2011年にオランダで販売されたバイオ燃料のほぼ25%は廃棄物から作られており、これは他のEU加盟国に比べてはるかに高い数値です。この特殊で低ILUCバイオ燃料のミックスはオランダ市場固有のものと説明できるかも知れませんが、オランダは透明性ルールが実施されている2つだけの欧州の国のうちの一つなのです。

この研究は使用しているバイオ燃料のタイプについてもっと透明性を高めるべきだというオランダおよび英国の唱導に他の欧州諸国もならうこと、また、欧州委員会はすべてのEU加盟国がこのデータを利用できるよう請け負うことを提案しています。

バードライフ・ヨーロッパのEU農業・バイオエネルギー政策オフィサーのTrees Robijnsは「27のEU加盟国のうち現在透明性ルールを実施している国が僅か2ヶ国しかないことは大いに恥ずべきことです。このままでは、他国籍企業が環境に悪影響を与えるバイオ燃料の生産を報告義務を実施しない国へ移行する危険性があるのです。」と言っています。

バードライフ・ヨーロッパ、欧州環境局(EEB)、Natuur & Milieuおよび運輸&環境(T&E)からの委託によるこの報告は欧州理事会および欧州議会が同委員会による再生可能エネルギー指令2020提案を討議している正に重大な時に発表されました。もしこの提案に対する必要な変更が行われなければ、その結果は特に運輸部門で欧州におけるバイオ燃料の爆発的使用につながり、それはCO2排出の増加を導くでしょう。

バードライフ・ヨーロッパ、欧州環境局(EEB)、Natuur & Milieuおよび運輸&環境(T&E)はバイオ燃料の持続可能基準にILUC要素を含めることを唱導しており、それにより運転手は車に持続が可能でないバイオ燃料を満タンにすることを強いられなくなるのです。

詳しくはこちら

  1. TOP
  2. 世界のニュース
  3. 温室効果ガスが発生しないバイオ燃料を作る