お知らせ

アメリカ大陸の渡り鳥支援活動“Friends Across the Flyway”がスタート

アメリカ大陸には繁殖地を求めて14,000キロ以上の距離を移動する渡り鳥がいます。長旅の途中、休息のために立ち寄れる場所が必要であるにもかかわらず、休息地の数が減少し、多くの鳥が命を落としています。 …

「SATO YAMA UMI プロジェクト」海外インターンシップ公募開始

日本環境教育フォーラム及びコンサベーション・インターナショナルと共同で実施しているSATO YAMA UMIプロジェクトの一環として、ユース海外インターンシッププログラムを実施します。 このプログラム…

EAAFPニュースレターNo.51の目次和訳を掲載いたします。

 EAAFP事務局は、3月26日に新しい事務局長として、Lew Young氏を迎えました。また、ホームページを刷新いたしました。今回は中国からのシギ・チドリ類の保護を大きく前進させる良いニュースが届い…

中小規模の環境活動の成果と影響を評価するツールキット「PRISM」の日本語版を公開しました

近年、愛知目標やSDGs、ESG投資への関心が高まる中、環境問題を含めた社会的課題への取り組みの成果を定量的、定性的に評価する「社会的インパクト評価」が注目されています。しかしながら環境保全活動では、…

富士通株式会社の支援がハラパンの森でスタートしました

バードライフは、ブルーン・インドネシア(インドネシアのパートナー団体)と共同で、インドネシア・スマトラ島南部の熱帯雨林「ハラパンの森」の保全活動を進めています。 この度、富士通株式会社の支援を受け、ハ…

SATO YAMA UMI プロジェクトのウェブサイトを更新

  http://satoyamaumi.jp/index.html(英語) http://satoyamaumi.jp/ja/index.html(日本語)   日本環境教育フォ…

Yahoo!ネット募金でインドネシア・ハラパンの森のパトロールバイク資金に対するご支援を開始しました

生物多様性の豊かなハラパンの森は、10万ha(東京都の半分の広さ)におよび、300種の鳥類が生息しています。 この度、Yahoo!ネット募金を通じて、ぬかるみや狭い道を効率的に見回るために必須となるパ…

ベトナムで「レッドリスト対象種保護のための車両提供プログラム」による車両贈呈セレモニーが開催されました

2018年3月20日にベトナムのパートナー団体Viet Natureに対し、トヨタ自動車様より車両が提供されました。贈呈セレモニーにはベトナム クァンビン省の代表役員や森林保護担当者、地元の関連団体を…

バードライフ・サポーターズクラブ(BLS)の皆様よりご寄附をいただきました

バードライフ・サポーターズクラブ(BLS)の皆様から300,000円のご寄付をいただきました。 ご支援は、自然環境保全活動のために大切に使わせていただきます。 BLSはバードライフの活動支援を目的に2…

  1. TOP
  2. お知らせ&世界ニュース
  3. お知らせ