シンポジウム「企業の環境貢献活動を評価する」開催について

バードライフは、企業やNGO、市民団体の環境貢献活動を効果的に評価する手法「PRISM」をIUCNや国連環境計画などの国際団体と共同で開発し、2018年3月に日本語版を公開しました。PRISMは、活動が社会・環境にもたらした変化を測ることで、活動の価値の向上につなげていくためのものです。本シンポジウムでは、PRISMの考え方や特徴を紹介するとともに、企業の環境貢献活動を評価し、活動の改善や成果の活用につなげていく必要性を考えます。

 

主催 バードライフ・インターナショナル東京

 

後援 環境省

 経団連自然保護協議会

 

日時 2019年1月21日(月) 13:30~15:30

 

場所 経団連会館402号室 ダイアモンドルーム

   東京都千代田区大手町1-3-2

   アクセス

 

定員 約70名

 

プログラム(予定)

13:00  受付開始

13:30  趣旨説明
     鈴江恵子(バードライフ・インターナショナル東京)

     来賓挨拶

13:40  企業の環境貢献活動支援とその評価の重要性 
     Iain Dickson(ケンブリッジ・コンサベーション・イニシアティブ) 【同時通訳付き】

     企業の環境貢献活動へのPRISM導入の勧め
     川那部真(バードライフ・インターナショナル東京)

     PRISMによる活動評価の事例(インドネシア)
     Dian Agista(ブルーン・インドネシア)【同時通訳付き】

     質疑応答

15:30  閉会

 

お問い合わせ 

バードライフ・インターナショナル東京 岩渕翼

メールアドレス:tsubasa.iwabuchi@birdlife.org

電話番号:03-6206-2941

 

参加お申し込み

本シンポジウムは終了しました。

 

シンポジウムちらし PDFファイル

 

参考情報

中小規模の環境活動の成果と影響を評価するツールキット「PRISM」の日本語版を公開しました

中小規模の環境活動を評価するツールキット「PRISM」を公開しました

 

  1. TOP
  2. お知らせ&世界ニュース
  3. お知らせ
  4. シンポジウム「企業の環境貢献活動を評価する」開催について