トヨタ環境活動助成プログラム(2017~2018): タイ パーク・タレー沿岸域における絶滅危惧種ヘラシギの保護とバードツーリズムの推進(2017~2018)

バードライフ・インターナショナル東京は、2016年度トヨタ環境活動助成プログラムの支援を受けて、タイのパートナー団体であるBird Conservation Society of Thailand (BCST)と共同で、絶滅危惧種のヘラシギ等の渡り鳥の保全を進める活動を実施しています。

背景

バンコクから南西に100kmほどの場所にあるタイ湾西岸のパーク・タレーには、ヘラシギをはじめとする世界的な絶滅危惧種が多数飛来します。バードライフ・インターナショナルのIBA(重要生息環境)やアジア・オーストラリア地域フライウェイ(EAAFP)にも指定されており、生物多様性に重要な地域として世界的にも認識されており、世界各地からバードウォッチャーが多数訪れます。

この地域では約800年前から干潟を生かした伝統的な製塩が行われており、塩田は渡り鳥にとっても重要な越冬地や中継地となっています。しかし、養殖等のために土地利用の転換が急速に進んでいるほか、塩田に無断で踏み入るバードウォッチャーと住民との間で軋轢が生じるなど、この重要な環境の長期的な存続が危ぶまれています。そのためこの地域では、こうした渡り鳥の生息環境を維持・改善すると同時に、住民に問題とならないようなバードウォッチングの仕組みを導入することが求められています。


活動地域

概要

本プロジェクトでは、荒廃した塩田を渡り鳥の生息環境として管理し、さらにバードツーリズムの場として整備するとともに地域住民への啓蒙活動を行うことで、渡り鳥の生息環境の改善及び地域住民のバードツーリズムへの理解向上を図り、将来的には多くの人々が訪れるエコツーリズムサイトとなることを目的としています。

これらの目標を達成するため、主に下記の2つの活動を実施する予定です。

①荒廃した湿地を借り上げヘラシギなど水鳥に適した環境を整える。

②野鳥観察小屋を設置し、バードツーリズムによる課金のしくみを立ち上げ、コミュニティ主導のバードツーリズムを導入する。

共同実施団体: Bird Conservation Society of Thailand (BCST)

主な活動

  • バードツーリズム推進のための鳥類調査
  • 地域住民による保全グループの編成
  • バードウォッチングガイドの養成
  • バードツーリズムによる課金システムの検討と導入
  • 訪問者のためのインフラ整備(観察路、ゲートなど)
  • 訪問者数等のモニタリング
  • 荒廃した塩田の鳥類の生息地としての整備(6ha)
  • 鳥類の生息地としての管理計画の策定と実施

目指す成果

  • 荒廃していた塩田が鳥類の生息地として改善する
  • 塩田を利用する鳥類の個体数が増加する
  • バードウォッチャーの数が増加する
  • バードウォッチャーと地域住民の軋轢が減少する
  • 地域住民のバードウォッチングに対する認識が改善する
  • バードツーリズムが地域住民の収入源になる


塩田で働く製塩農家

 


塩の山と塩田

 

このプロジェクトは、トヨタ自動車株式会社の「トヨタ環境活動助成プログラム」の助成を受けて活動しています。