「南半球アホウドリ物語」が始まります!

@Oli Prince

海洋保全プログラムでは、南半球のアホウドリ類の保全活動に取り組んでいます。

南氷洋に浮かぶサウスジョージア島では、ワタリアホウドリ、ハイガシラアホウドリ、マユグロアホウドリ、ハイイロアホウドリが繁殖していますが、漁業による混獲などのため、個体数の減少が問題となっています。アホウドリ類は洋上で多くの時間を過ごし、孤島で繁殖するため、私達の目に触れることはなかなかありません。

そこで保全活動の一環として、アホウドリ類のことを多くの方に知っていただくため、アホウドリ達がサウスジョージア島で子育てをする様子をご紹介します。イギリスの南極調査隊(British Antarctic Survey)とバードライフ・インターナショナルのパートナー団体(Royal Society for the Protection of Birds)の協力のもと、2019年1月から1年間にわたり、現地からの魅力的な写真とともにお届けする「南半球アホウドリ物語」。インスタグラムとツイッターから是非ご覧下さい。

 

インスタグラム:www.instagram.com/albatross_stories_jp

ツイッター:www.twitter.com/albatross_story

海鳥の問題と保全プログラムの紹介はこちら

  1. TOP
  2. お知らせ&世界ニュース
  3. お知らせ
  4. 「南半球アホウドリ物語」が始まります!