「2018 鳥の年」市民サイエンス・ワークショップ(日本)のご案内

日時  :10月28日(日)午後2時から5時30分

場所  :東京大学 弥生キャンパス(農学部キャンパス)1号館8番講義室教室

タイトル:東アジアにおける渡り性スズメ目鳥類の現状と保全

※詳細な資料はこちら(日本語英語)をご確認ください。

 

<主催>

バードライフ・インターナショナル東京

ナショナルジオグラフィック協会(アジア)

 

「2018 鳥の年」市民サイエンス・ワークショップ(日本)を開催いたします。渡り性陸鳥(夏鳥)のステータスに関する導入的なセミナーで、高校生から大学生ぐらいまでの学生の方々が対象です。セミナーに続き、実践的なワークショップ、鳥類センサス調査の体験ツアー等を予定しています(体験ツアーは、セミナー後、参加を希望される方30名程度を対象に行う予定です)。

 

<プログラム>

  • 渡り性の小鳥のモニタリングの必要性(シマアオジを中心に)
    • 葉山政治(公益財団法人日本野鳥の会)
  • 小鳥のモニタリングの必要性と市民サイエンスの貢献 
    • 植田睦之(NPO法人バードリサーチ)
  • 日本の鳥類標識調査の概要とホオジロ類での研究事例〜標識調査でわかること〜
    • 森本 元(公益財団法人 山階鳥類研究所)
  • ナショナルジオグラフィック関連プロジェクトの紹介:
    • バイオロギングで探る海鳥の生態と海洋環境
      • 佐藤克文(東京大学大気海洋研究所)
    • インドネシアでの絶滅危惧種ヒガシシナアジサシの研究と保全
      • シンバ・チャン(一般社団法人 バードライフ・インターナショナル東京)

 

<お問合せ>

シンバ・チャン(simba.chan@birdlife.org)

加藤和明 (kaz2m2006@yahoo.co.jp)

 

  1. TOP
  2. お知らせ&世界ニュース
  3. お知らせ
  4. 「2018 鳥の年」市民サイエンス・ワークショップ(日本)のご案内