お知らせ&世界ニュース

死からの生還?アオメヒメバトのお話

たった3年前にはアオヒメバトは絶滅したものと思われていました。そして確実な観察記録のない75年間の後、12羽が野外で発見されました。しかし、このような小さな個体群で本種を救うことができるのでしょうか?…

子供を鳥好きにする7つのアイデア

子供が喜び、鳥の保全にもつながるアイテムをご紹介しましょう。10分で作れる果物の盛り合わせから巣箱まで、様々な年齢や時間に合わせて利用できます。スキルに合わせて最適なものを選ぶだけです。 子供たちは、…

欧州アートから紐解く~オウム取引の歴史

オウムは大変人気のあるペットなので、捕獲により多くの種が野生絶滅の危機に追いやられました。しかしこれは最近起こった現象ではありません。人類文化における彼らの役割は、数千年にわたり染み込んでいます。アー…

ハイガシラアホウドリの若鳥は何処へ行くのか

あまりにも多くの若鳥が巣立ちの後、行方不明になっています。彼らが何処へ行ったのかが分からなかったので、彼らの減少を食い止めることが困難でした。今回人工衛星追跡タグを装着した9羽の雛が無事巣を離れました…

気候変動はどのように鳥の渡りに影響を及ぼすのでしょうか?

今回は、気候変動が渡り鳥にとってどのような意味を持つかを予測する研究論文を作成したバードライフの主任研究員Stuart Butchart博士にお話を聞きました。   バードライフの主任研究員…

SATO YAMA UMI通信-オオヅルのビデオ3部作を公開

バードライフ・カンボジア・プログラムは、非繁殖期のオオヅルを支えている生息地におけるオオヅル保護のため、地域住民への環境教育を実施しています。 そこで今回、地域住民にオオヅル保護活動の重要性を伝えるた…

レッドリストの更新:オーストラリアの爬虫類が危機に陥る一方で、驚愕のヒキガエル再発見

気候変動と外来種は鳥類だけに影響を及ぼしているわけではありません。IUCN(国際自然保護連合)の絶滅危惧種のレッドリストの最新の更新版がオーストラリア特有の爬虫類に脅威が高まっていることを示しています…

バードライフ・サポーターズクラブ(BLS)の皆様よりご寄附をいただきました

    バードライフ・サポーターズクラブ(BLS)の皆様から300,000円のご寄付をいただきました。 ご支援は、自然環境保全活動のために大切に使わせていただきます。 BLSはバー…

バードライフファームの農繁期レポート(7月号)が届きました!

米風土(マイフード)鳥取の皆様から7月の農繁期レポートが届きました! 田んぼのある日南町に避難勧告が初めて出たものの、田んぼのある大宮地区は町内で最も被害が少ないところでした。その後は大変暑い日が続い…

  1. TOP
  2. お知らせ&世界ニュース