お知らせ&世界ニュース

ホオジロカンムリヅル写真提供:www.natureuganda.org

ウガンダ議会の議長がツルを守る活動開始を発表

独立50周年記念活動の一環として、ウガンダ議会が絶滅が危惧される同国のシンボルであるホオジロカンムリヅルを守るための資金募集を始めました。 ネーチャー・ウガンダはカンムリヅルの保護活動に従事する団体の…

ニュージーランドでの油漏れ事故で自然は今も動揺している

レナ号の難破による災害から一年が経った今も、独立の自然保護団体フォレスト&バード(F & B: ニュージーランドのパートナー)は未回収のコンテナーや難破船からの油漏れによる環境への影響が続いて…

CBD COP-11(生物多様性条約第11回締約国会議)速報

インドのハイデラバードで、2012年10月8日から開催された生物多様性条約第11回締約国会議(CBD COP11)の関連情報をお知らせいたします。 CBD cop-11に対し、バードライフを含む4団体…

バードライフ・ヨーロッパ作成の‘復活への道’報告書

欧州各国の政府が生物多様性の災厄に向かっている

バードライフ・ヨーロッパ作成の‘復活への道’報告書 今日発表された報告書‘復活への道’の中で、バードライフ・ヨーロッパは、現在EU(欧州連合)がその‘生物多様性戦略’の中に設定している6つの目標(後述…

高円宮妃久子殿下特別展─空翔ける鳥、旅する根付─のご案内

バードライフ・インターナショナル名誉総裁である高円宮妃久子殿下の特別展-空翔ける鳥、旅する根付-が9月19日より城西大学水田美術館で始まりました。 高円宮妃殿下がこれまで撮影されてきた野鳥の写真と根付…

欧州連合が外来種問題と取り組むことにより太平洋諸国の生計を改善

今日のフィジーでの特別イベントの開催に際して、欧州連合(EU)は太平洋地域全体での外来種による人々の生計に及ぼす脅威に取り組む地域活動への支援を正式に発表しました。 「太平洋のコミュニティは外来種によ…

ヒメシワコブサイチョウの保護がインド政府のレーダーに

ヒメシワコブサイチョウは、サンゴ礁に囲まれ、厚い森で敷き詰められたアンダマン海の火山島に生息しています。実際に、ナーコンダム島の広さ12平方キロメートルの熱帯常緑森林だけがこの鳥の生息地で、世界でもっ…

EUの政策枠組み予算は社会への利益を含むべき

EU内で活動を行っている主導的環境NGOのグループである‘グリーン10’が、EU各国の財務大臣、欧州担当大臣、農業大臣に、共通農業政策(CAP)と複数年財政枠組み(MFF)の討議に関して手紙を書きまし…

クック諸島の首相が外来種問題と取り組むために太平洋全体での活動を呼びかけ

クック諸島のヘンリー・プナ首相と彼の太平洋諸島フォーラムのメンバーが外来種による広範囲に広がる経済、社会および環境への影響を認識するためのイニシアティブを後押ししました。この支援は今月のフォーラムのリ…

  1. TOP
  2. お知らせ&世界ニュース