トヨタ環境活動助成プログラム(2018~2019): ミャンマー ヘラシギの越冬地における生態調査と保全

© Hu Jinglin

 

バードライフ・インターナショナル東京は、2017年度トヨタ環境活動助成プログラムの支援を受けて、ミャンマーのパートナー団体であるBiodiversity and Nature Conservation Association(BANCA)と共同で、絶滅危惧種のヘラシギ等の渡り鳥の保全を進める活動を実施しています。2016年度に同助成プログラムの支援を受けたタイでのヘラシギ保全プロジェクトとの連携を図り、相乗的な効果が発揮されることを目指します。

背景

ヘラシギは、世界に500羽程度しか残っておらず、このままでは今後5~10年で絶滅する可能性が高いと言われています。ミャンマーには、ヘラシギの生息地となる干潟が比較的良好な状態で多く残っており、ヘラシギの約半数が越冬すると考えられています。しかし、これまで詳細な調査が行われておらず、正確な分布や個体数、利用環境などの保全に必要な情報が不足しています。また、保護区の設立など法的整備も遅れているほか、地域住民の間でも干潟や鳥類の保全に対する認識が弱く、地域住民主体の保全体制が根付いていません。


活動地域

概要

本プロジェクトでは、ヘラシギが多く飛来することが知られているモッタマ湾、エーヤワディ河口域、タニンダーリ地方の3地域を対象に、ヘラシギの個体数や生態を明らかにするとともに保全上の課題を特定します。さらに各地で地域住民と連携した保全体制を整備するとともに、保護区設立に向けて地方行政や関係省庁に提案することを目的としています。

これらの目標を達成するため、主に下記の2つの活動を実施する予定です。

①活動対象の3地域において鳥類調査を実施し、ヘラシギや他のシギ・チドリ類の個体数や分布を明らかにする。

②地域住民や地方行政との交流を通じて、保全上の課題を明らかにする。

③保護区設立に向けた基礎情報を収集し、地方行政や関係省庁との協働を開始する

④タイのパートナー団体であるBird Conservation Society of Thailandとのワークショップを開催し、ヘラシギ保全における連携を協議する。

⑤中小規模の環境保全プロジェクトに特化した活動評価ツール「PRISM」を用いてプロジェクトの評価を行い、今後の活動に向けた課題を抽出する。

 


モッタマ湾の干潟

 

主な活動

  • モッタマ湾、エーヤワディ河口域、タニンダーリ地方の3地域での鳥類調査
  • 学生に対する鳥類調査の研修
  • 地域住民への意識調査
  • 地域住民に対する普及啓発
  • 地域住民の保全活動グループの編成・研修
  • 保護区設立に向けた基礎情報の収集
  • 地方行政および関連省庁への保護区設立に向けた取り組みの提案
  • タイのパートナー団体BCSTとのワークショップの開催

目指す成果

  • ミャンマーにおけるヘラシギの分布や生態に関する知見が増加する
  • ミャンマーにおけるヘラシギの保全上の課題が明らかになる
  • 地域住民のヘラシギや干潟の保全に対する認識が向上する
  • 地域住民と連携した保全体制が構築される
  • 保護区設立に向けた関連行政機関との協働が開始される

 


モッタマ湾での鳥類調査の様子

 


調査船団

このプロジェクトは、トヨタ自動車株式会社の「トヨタ環境活動助成プログラム」の助成を受けて活動しています。