ツール

IBAT

IBATは、保護区やIBA、KBAなど保全のために指定された地域や、生物の分布やホットスポット、絶滅危惧種など、生物多様性に関する地図情報を統括して地図上に表示するツールで、ビジネスや研究、保全など活動対象地の生物多様性に関連する情報を簡単に調べることができます。リスクスクリーニングや生物多様性への影響管理、保全計画立案など、様々なシーンで活かされます。

IBAT for Business
企業向け

IBAT for Research and Conservation Planning
研究・保全計画向け

TESSA

TESSA(Toolkit for Ecosystem Service Site-based Assessment)は、生態系サービスの経済価値を、簡易に評価するツールです。保全や環境政策などの活動や取り組みが実施された場合とされなかった場合の生態系サービスへの影響が分かり、意思決定の場で活用できる他、活動の成果を評価するのにも役立ちます。

TESSA

植林活動の経済価値評価ツール

植林活動によってもたらされる経済価値の評価予測を行うシミュレーションツールで、樹種や面積など簡単な現地調査と植林時の基礎情報のみで経済価値を算出することができます。マクロソフト社のアプリケーション「エクセル」上で動作するファイルデータとして無償で提供しています。

ダウンロード

プレスリリース

Data zone

Datazoneは、世界最大の鳥類データベースで、生態や分布、生息数、保全状況など世界中の様々な鳥の情報の他、IBA、国別データ、事例集など、鳥類や重要地域に関する情報を調べることができます。

Data Zone