税金は野鳥を救うか?

税金の恩恵を受けている南アフリカの草原IBA
写真提供: © C. Stevens

南アフリカ共和国には信じられないほどたくさんの鳥や素晴らしい景観にあふれていますが、その多くは危機的な状態にあります。バードライフ南アフリカの生物多様性管理会計利得プロジェクト・マネジャーのCandice Stevensは自然の未来を守るためにはあらゆる手段を活用することが必要であると信じています。Candiceは税金の専門家で、環境税が公的な保全下にある土地を増加するかについてテストを行っています。歴史的に環境税は十分に活用されてきませんでしたが、Candiceや他の重要な協力者によるロビー活動により、新しい保護活動への税優遇策が南アフリカで認可されました。これはバードライフ南アフリカの112ヶ所のIBAを守る活動の新たな手段となります。

Candiceおよび南アフリカIBAチームは、国の生物多様性管理モデルにこうした税政策を活用しています。このモデルは、土地所有者が公式に鳥や他の生物多様性にとって重要な環境を保全しより良い管理を行うことを推進するものです。新しい優遇策は保護を約束し、重要な種の保護を行う土地所有者に所得税の減免を行います。環境税優遇策によって経済的利益が生まれ、公式の保護区に資金的な持続可能性が確保されることが期待されています。バードライフ南アフリカの生物多様性管理会計利得プロジェクトはその初めてのもので、生息地管理とIBA保全を確保するための新しい取り組みを導入することになっています。

生物多様性管理会計利得プロジェクトはWWFのNedbankグリーン基金による資金支援を得ており、主要な利害関係者及び協力者との共同の取り組みです。

81 82

 

報告者: Candice Stevens

原文はこちら

  1. TOP
  2. お知らせ&世界ニュース
  3. 世界のニュース
  4. 税金は野鳥を救うか?