EU自然法を守るためのバードライフの次の手は?

調査やソーシャル・メディアによる攻勢からパートナーによる国レベルのイベントに至るまで、私たちはあらゆることをやっています。
写真提供: Arturo de Frias Marques/Wikimedia Commons

これからの数週間~数ヶ月はEUの自然法を守るための「#NatureAlertキャンペーン」にとって非常に重要です。2月の欧州議会での投票による明白な支持、12月の欧州理事会の決議、そして言うまでもなく公聴会の結果などを受けて、欧州委員会は(スタッフ作業文書の形式で)‘自然指令’の‘フィットネスチェック’の草案を作成しています。

継続的に#NatureAlertの圧力とEU諸国の市民の監視があって初めて欧州委員会は市民が求めている‘フィットネスチェック’の実行を後押しできるのです。ですから、是非このキャンペーンの支援を継続してください。

委員会の草案作成を支援するためバードライフは4月13日に‘影のスタッフ作業文書’とも言える‘自然の警告から行動へ’を発行しました。これを広めてくださった方々に感謝する次第です。今後もその内容を共有し、参考にしてください。

市民に#NatureAlertキャンペーンに再度参加してもらうために、バードライフ・パートナーは5月16日に欧州全土にわたる青天の霹靂のようなイベントを予定しており、そこではEUコミッショナーのKarmenu Vellaと同副大統領のFrans Timmermannsに対して私たちが‘フィットネスチェック’の公表に続く断固たる行動のための提案に期待していることを念押しすることになっています。

私たちは次に5月18日に始まるWWFの‘全欧州自然のためのボリューム増大キャンペーン’への支援を行います。これはEU諸国の大臣が、市民は強力なEU自然法を望んでいるという事実をそれぞれの国に持ち帰ることを狙っています。そして5月20日には政策決定者に#NatureAlertを思い起こさせ、‘ナチュラ2000の日’を祝う予定です。

6月1日にはバードライフはまた、欧州委員会の‘緑の週間’を祝う予定です。今年のテーマは‘より環境に優しい未来への投資’で、自身の存続を健全な環境に依存している欧州全土の中小企業による声明を公表します。NatuurpuntとNatagora(それぞれベルギーのフランダースとワロン地方のパートナー)は同日に行われる委員会の会議の参加者に向けたサプライズ企画を準備しています。

欧州の自然法を守るための戦いにおける次の大きなイベントは6月末に、オランダが議長国としてアムステルダムで開催する「未来を担保する自然政策のための会議」です。私たちはこの会議でVellaコミッショナーが自然指令および‘フィットネスチェック’後の計画に対する支持を表明することを期待しています。

この会議は、Vellaコミッショナーが私たちの希望通り自然への支援を表明することを祝うだけではなく、自然指令が目的に合致していることを表明するだけでは不十分なことを理解してもらう重要な機会なのです。自然指令は、私たち全てにとって不可欠である健全な環境を守り、強化するために、まさに今、必要なリソースをすべて動員し実施されなければならないのです。

バードライフ・ヨーロッパとパートナーは、これらの祝福と期待のメッセージをVellaコミッショナーとTimmermans副大統領に対して確実に届けるよう焦点を絞って活動しています。

 

報告者: Mike Walker

原文はこちら

  1. TOP
  2. お知らせ&世界ニュース
  3. 世界のニュース
  4. EU自然法を守るためのバードライフの次の手は?