バードライフが2018年ナチュラ2000賞で圧勝

ブリュッセルで開催された恒例のナチュラ2000式典で、5つのバードライフ・パートナーが欧州の貴重な自然遺産を保護する活動により受賞を勝ち取りました。

 

私たちの月刊ニュースレター「欧州と中央アジア」の4月号で、バードライフの各国のパートナーがEUの権威のある「ナチュラ2000賞」の候補者リストのうち約3分の1を占めていることを報告しました。これらの賞は、世界最大の自然保護サイトの協調ネットワークであるEUの「ナチュラ2000ネットワーク」の卓越した管理を認識し、保護活動家たちが欧州で最も絶滅が危惧される種と危機的な生息地の存続を確保するために行った貴重な活動を認めるものです。

一次選考を経て残った25の候補の中の8つが、バードライフ・パートナーの活動から選ばれており、少なくとも一つのトロフィーを持ち帰ることの期待は高いものでした。4月末、EUの環境・海事・漁業コミッショナーのKarmenu Vella出席の元、ブリュッセルでの大きな式典で受賞者が発表されました。

6つの賞のうち、一つや二つではなく、何と3つがバードライフ・パートナーに授与されたのです!

 

SEO/BirdLifeスペイン:
2018年ナチュラ2000「コミュニケーション賞」受賞者

スペインのバードライフ・パートナーSEO/BirdLifeが、「ナチュラ2000」の画期的なプロジェクト「人々と生物多様性をつなげよう」により、当然のごとく「コミュニケーション」部門で受賞しました。このプロジェクトが開始される以前は、スペイン人の僅か10%しかナチュラ2000のことを知りませんでした。スペインの通信社Agencia EFEと組んで、SEOは大衆にスペインのナチュラ2000ネットワークを周知させることに目標を設定しました。壮大なテレビ・ドキュメンタリー・シリーズが撮影・放映され、ほぼ5百万人が関心と称賛をもって視聴しました。プロジェクトが終了するまでには、スペインでナチュラ2000のことを知る人の数が倍以上になりました。

 

MME/BirdLife Hungary2018年ナチュラ2000「保護賞」受賞者

ハンガリーのパートナーが名誉ある「保護賞」の一つに選ばれました。ハンガリーにおけるカタシロワシの違法毒殺の問題に取り組んだ大掛かりなプロジェクトに対して授与されたものです。この謎の猛禽のEU内での総個体数の3分の2がハンガリーに生息していますが、2005年から2011年の間に家畜農家がオオカミ対策のために置いた違法な毒薬により44羽が犠牲になったと報告されています。2012年から2016年の間にMMEは他の8つのパートナー団体を率いて、本種の回復に向けた素晴らしい努力を行いました。毒に当たったワシを嗅ぎ分けるため訓練を受けた特殊犬部隊、巣を守るためのボランティアの募集、毒薬問題とワシに及ぼす影響の理解を促す大規模な普及啓発キャンペーンなど、保護活動を実施してきました。これらのイニシアティブのおかげで、ワシが毒殺される件数は大幅に減り、プロジェクトが行われたこの2年間でハンガリーにおける繁殖個体数は36%、EU全体での個体数では25%も増加しました。

 

BSPB/BirdLife(ブルガリア)、HOS/BirdLife(ギリシャ)& RSPB(英国):2018年ナチュラ2000「クロスボーダー(国境越え)賞」受賞者

自然には国境がありません。3つのバードライフ・パートナー、BSPB、HOSとRSPBによる、毒殺やフライウェイ沿いでの感電死からエジプトハゲワシを守る国境を超えた協力が認められました。このプロジェクトのもう一つの目的は、バルカン諸国におけるエジプトハゲワシとその卵の密売と戦うことでした。このプロジェクトのパートナーは、本種の野生生物犯罪と取り組む税官吏の教育を共同で行い、インターポ-ルなどの国際機関との協力を促しました。その結果、悪名高い密猟者が逮捕され、有罪判決を受けました。

 

これらのプロジェクトを見事に成功させたバードライフ・パートナーに、心のこもったお祝いを、そして彼らの根気強い保護活動に敬意を表します!

 

報告者:Gui-Xi Young

原文はこちら

  1. TOP
  2. お知らせ&世界ニュース
  3. 世界のニュース
  4. バードライフが2018年ナチュラ2000賞で圧勝