ミャンマーが東アジア・オーストラリア地域フライウェイ・パートナーシップ(EAAFP)に参加しました

2014年7月27日、ミャンマー政府のEAAFPへの加盟が正式に決定しました。これにより、EAAFPのパートナーの数は32になりました。

ミャンマーのEAAFP加盟のニュースはこちら

ミャンマーには世界的に重要な湿地が数多く残されており、これまでバードライフは環境省の事業を通じ、ミャンマー政府のラムサール条約批准やEAAFPへの加盟の支援を行ってきました。今回のミャンマー政府のEAAFP加盟により、重要な湿地や渡り鳥の保全活動がさらに促進されることが期待されます。

バードライフのミャンマーにおける活動の詳細はこちら

EAAFP事務局は、フライウェイの保全活動を推進していくため、新規のパートナー加盟やフライウェイ・サイトの参加を積極的に呼びかけています。今回の加盟にあたり、6月にはEAAFP事務局がミャンマーを訪問し、政府との協議と手続きの支援を行いました。

事務局のミャンマー訪問の様子はこちら

EAAFPでは、今後の保全活動に向け、ミャンマー政府とのパートナーシップを強化し、ミャンマー国内のNGOや国際NGO、他のパートナーとともに、ミャンマーにおける調査やモニタリング、保全活動を支援していきます。

  1. TOP
  2. お知らせ&世界ニュース
  3. お知らせ
  4. ミャンマーが東アジア・オーストラリア地域フライウェイ・パートナーシップ(EAAFP)に参加しました