ドイツ生まれの腕時計 「NOMOS Tangomat Blau」のチャリティキャンペーンで、 売り上げの一部がバードライフに寄附されました

ドイツの時計「NOMOS」を販売している株式会社大沢商会グループと環境問題や社会問題について考え、行動する、きっかけづくりを行っている一般社団法人Think the Earthによるチャリティキャンペーンが行われ、売上げの一部をバードライフにご寄付いただきました。

このチャリティキャンペーンでは、私たちが暮らす地球上の空、海、水を守るために何ができるかをテーマにチャリティウォッチ「NOMOS Tangomat Blau」(日本限定100本)が企画され、この腕時計の購入者が、3つの環境保護団体のなかから、支援したい団体に投票をしました。

バードライフは3つの環境保護団体の1つに選ばれ、100,000円のご寄附をいただきました。

ご支援をいただきましたみなさま、ありがとうございました。

詳しくはこちらをご覧ください。

  1. TOP
  2. お知らせ&世界ニュース
  3. お知らせ
  4. ドイツ生まれの腕時計 「NOMOS Tangomat Blau」のチャリティキャンペーンで、 売り上げの一部がバードライフに寄附されました