経団連自然保護基金25周年記念特別基金助成事業に採択されました!

3団体に対して25周年記念特別基金助成事業の認定証が授与されました

 バードライフ・インターナショナル東京(BL)、日本環境教育フォーラム(JEEF)、コンサベーション・インターナショナル・ジャパン(CI)と協働で提案した「アジア・太平洋地域生物多様性保全にかかる次世代人材育成事業・SATO YAMA UMIプロジェクト」が経団連自然保護基金25周年記念特別基金助成事業に採択されました(代表事業者:JEEF)。

 5月23日に開催された経団連自然保護協議会・経団連自然保護基金 創設25周年記念式典で、採択が発表され、授与式及びプロジェクトの概要説明が行われました。

 

プロジェクトの詳細につきましては、下記の資料をご確認下さい。

SATO YAMA UMIプロジェクト 事業概要

SATO YAMA UMIプロジェクト ポスター

 

 本プロジェクトは、アジア・太平洋地域の生物多様性保全にかかる次世代の人材育成をテーマとし、2017年7月から2020年3月までの期間に、総額1億5000万円の助成を受け、実施されます。

 バードライフにとっては、JEEF、CIと初の協働事業となります。3団体のそれぞれの強みを活かしながら、アジア・太平洋地域の6カ国において次世代の人材育成に取り組んでいきたいと思います。

 

  1. TOP
  2. お知らせ&世界ニュース
  3. お知らせ
  4. 経団連自然保護基金25周年記念特別基金助成事業に採択されました!