お知らせ&世界ニュース

スフェラーパワー株式会社様より、バードライフへの寄付金付きペンギンオブジェが発売されます

スフェラーパワー株式会社様より、イタリアミラノのデザインウィークにて球状太陽電池「スフェラー」を使ったペンギンのオブジェ「スフェラーペンギン」が発売されます。 スフェラーペンギンの売上の5%は、バード…

「バードライフ スプリング・ガラ2018」を開催しました

3月9日に、ザ・リッツ・カールトン大阪にて「バードライフ スプリング・ガラ2018」を開催しました。当日は、約580名のお客様にお越しいただき、盛会のうちに終えることができました。 たくさんのご支援に…

ブータンのパートナー団体RSPNおよび活動地のポプジカ谷を訪問

バードライフ・インターナショナル東京は、経団連自然保護基金(KNCF)の創設25周年特別基金の支援を受け、ブータン、カンボジア、ベトナムのパートナー団体と共同で「SATO YAMA UMI プロジェク…

アメリカ大陸の渡り鳥支援活動“Friends Across the Flyway”がスタート

アメリカ大陸には繁殖地を求めて14,000キロ以上の距離を移動する渡り鳥がいます。長旅の途中、休息のために立ち寄れる場所が必要であるにもかかわらず、休息地の数が減少し、多くの鳥が命を落としています。 …

「SATO YAMA UMI プロジェクト」海外インターンシップ公募開始

日本環境教育フォーラム及びコンサベーション・インターナショナルと共同で実施しているSATO YAMA UMIプロジェクトの一環として、ユース海外インターンシッププログラムを実施します。 このプログラム…

タンザニア政府の決定によりフラミンゴの重要な繁殖地が安全に

タンザニア政府が、ナトロン湖岸にソーダ灰工場を建設することに反対する決定をしたことで10年に及ぶこの水域の運命を巡る争いが決着しました。 先週、自然保護界は素晴らしいニュースを受け取りました。タンザニ…

南米ティエラ・デル・フエゴでコオバシギが25%も減少

しばらくの間、コオバシギは回復の途上にあるように見えました。しかし、今年の調査でアメリカ大陸のコオバシギの亜種がかつてないほど減っていることが分かりました。その原因は、渡りの途上での重要な採餌のための…

EAAFPニュースレターNo.51の目次和訳を掲載いたします。

 EAAFP事務局は、3月26日に新しい事務局長として、Lew Young氏を迎えました。また、ホームページを刷新いたしました。今回は中国からのシギ・チドリ類の保護を大きく前進させる良いニュースが届い…

中小規模の環境活動の成果と影響を評価するツールキット「PRISM」の日本語版を公開しました

近年、愛知目標やSDGs、ESG投資への関心が高まる中、環境問題を含めた社会的課題への取り組みの成果を定量的、定性的に評価する「社会的インパクト評価」が注目されています。しかしながら環境保全活動では、…

  1. TOP
  2. お知らせ&世界ニュース