お知らせ&世界ニュース

ワシの軍旗を掲げよ

5ヶ国、11のパートナー(そのうち4つはバードライフ・パートナー、4つは政府機関、1つは電力会社)、350万ユーロの予算と1種の猛禽からなるPannonEagle LIFEプロジェクトは、古代のパンノ…

EAAFP事務局よりニュースレターNo.47が発行されました

EAAFPニュースレターNo.47の目次和訳を掲載いたします。 今回は保護活動に関するニュースとして、絵本を活用した環境教育や、オーストラリアでビニール袋の利用を禁止した話題がなどが提供されています。…

11月8日(水)アジア湿地シンポジウム・サイドイベント開催

  2017年11月7日から11日まで佐賀市にて、アジア湿地シンポジウムが開催されます。その中で、サイドイベント「Population Decline of Migratory Waterb…

EAAFP事務局よりニュースレターNo.46が発行されました

EAAFP事務局は第12回ボン条約締約国会議に参加します 今年の「世界渡り鳥の日」のテーマは「Their Future is Our Future(渡り鳥と共にある未来へ)」でしたが、「第12回ボン条…

11月9日(木) アルゼンチン野鳥写真家 写真展&トークイベント

日時:11月9日(木) 18:30〜20:00 場所:ECOM駿河台(アクセス) 参加費:無料 主催:三井住友海上火災保険株式会社 共催:バードライフ・インターナショナル東京 この度、アルゼンチン野鳥…

ズアオホオジロがフランスのレストランのメニューから消える見込み

フランスのエコロジー・持続可能開発・エネルギー省のNicolas Hulotは、ズアオホオジロの大規模な罠猟を止めると発表しました。残忍な料理のために、ズアオホオジロは光を遮られ、太らされ、ブランディ…

モモイロバトとモーリシャスホンセイインコをモーリシャスの自然に戻す取り組み

種が絶滅してしまった生息地に鳥を戻す取り組みは、モーリシャスの絶滅危惧種の生存を維持するために非常に重要で、時には頼みの綱です。モーリシャス野生生物基金(MWF: モーリシャスのパートナー)は長い間常…

インドネシア・フローレス島におけるプロジェクトの活動報告

バードライフ・インターナショナル東京は、2015年度トヨタ環境活動助成プログラムの支援を受けて、インドネシアのパートナー団体であるBurung Indonesiaと共同で、フローレス島ブリリンにおける…

ハゲワシを救う保護活動家コミュニティの設立

人と野生生物の問題に端を発する野生生物の毒殺は、東アフリカのハゲワシ類にとって大きな脅威となっています。ケニアのマサイ・マラではハゲワシの個体数は60%も減り(Viraniら 2011)、違法な毒殺が…

  1. TOP
  2. お知らせ&世界ニュース