お知らせ&世界ニュース

風力発電による鳥やコウモリへの影響を管理すること

風力エネルギーは気候変動との取り組みや持続可能な開発を継続する上で貴重な貢献を果たすことが出来ます。すでに世界の電力供給の19%は再生可能なシステムで行われており、風力は2.5%に貢献しており、今後大…

アゾレスウソの生息地が観光憲章を受けた

欧州で最も稀な鳥の1種アゾレスウソ写真提供:Leo Boon; worldsrarestbirds.com ‘Terras do Priolo(アゾレスウソの土地)’という言葉がアゾレス諸島のサン・ミ…

ウズベキスタンで記録的な数のマミジロゲリの群を発見

最も最近に国際マミジロゲリ保護活動を支援する地域パートナーになった自然保護団体の一つはバードライフ・パートナーのウズベキスタン鳥類保護協会(UzSPB)です。この秋に行われた初めてのマミジロゲリ調査で…

南アジアのハゲワシを守ろう

もし今すぐ保護活動のステップが取られなければ、インドやその他の南アジアにはハゲワシが居なくなってしまうでしょうと、現在インド・ハイデラバードで開催されているCBD(生物多様性条約)COP-11でNGO…

‘草の根活動’を強化するための巨大ポスター

バードライフがCBD(生物多様性条約)事務局の‘開発のための生物多様性部門’が企画した‘巨大ポスター’の展覧会兼コンペでCOP-11の審判団が選んだ賞を受賞しました。出展されたポスターは‘開発のための…

海洋保全のe-Atlasが世界の海を管理するためのデータの共有で飛躍的な前進を記した

渡り性海鳥保護のための初めての世界的重要サイトのリストは海洋保全に対する重要な貢献であることを示しています。これは2020年までに海洋および沿岸地域の10%を保全するというCBD(生物多様性条約)の目…

知られざる深みへー科学者が海の秘密を解き明かす

世界の海を守ることは、現在その1%以下しか保全されていないことを考えると国際的な事業です。海洋生物に関する新しい識見により、科学者に地球上で最も離れた場所における生態学的、生物学的に重要な場所(EBS…

情報のギャップを埋める:鳥に関するデータがどのように国別生物多様性ターゲットを定め、達成し、追跡する助けをするか

現在インドのハイデラバードで行われているCBD(生物多様性条約)COP-11に合わせて、バードライフ・インターナショナルは、生物の中で最も知られている綱である鳥類のデータを用いて、‘国家生物多様性戦略…

ハヤブサがニュージーランドの今年の鳥に選ばれた

この厳しい投票競争に今年は10,292票の投票があり、ニュージーランドハヤブサは1,261票を獲得し、それに続くのはハシブトオオダレムクドリの965票、ルルの663票でした。 「ニュージ-ランドハヤブ…

  1. TOP
  2. お知らせ&世界ニュース